読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

About connecting the dots.

statistics/machine learning adversaria.

HBase徹底入門

ClouderaさまよりHBase徹底入門を献本いただいたの*1で,だいぶ遅くなりましたが感想をまとめておきたいと思います.

HBase徹底入門 Hadoopクラスタによる高速データベースの実現

HBase徹底入門 Hadoopクラスタによる高速データベースの実現

私自身は,Hadoopに関してはもう何年か触っていますが,HBaseについてはまだ0.89あたりのころに,軽い検証をやっただけだったりします.その間に,かつては火山と呼ばれていたHBaseの安定性もだいぶ向上し,もう火山ではなくなっているということで,めでたい限りです.私の知っている範囲でも,本番プロダクトにHBaseを使うという例をカジュアルに見聞きするようになり,すばらしいことだなぁと思っています*2

そんな私からみて,この本はO'Reillyの馬本と比べても,初心者にわかりやすく丁寧に書かれていると思います.そもそも馬本が2012/7邦訳刊行と,だいぶ情報が古びてしまっている現在では,Cloudera Managerによる最新のクラスタ構築法がまとまっていたりして,新しくHBaseクラスタを導入しようとしたときに,非常に手助けになるように思います.

個人的には,HBaseの肝といわれるスキーマ設計について詳細に述べられている6章と,それを具体的な例を丁寧に示してくれている7章がとても参考になりました.定番のリバースしたID+IDとか,リージョン分散のためにハッシュID+IDみたいな定番パターンが複数ユースケースでまとめられていたり,タイムスタンプに降順で並べたい別の値を入れるみたいなのも解説されていてよいです.しかしこういう入り組んだスキーマ定義が基本になっているというのは,HBase自体の辛いというかアレな所かなぁという感想にはなりますね... とはいえ,そういう部分をきちっと述べてくれているという意味でも,この本の価値はあるのかなぁと思いました.

*1:ありがとうございます!

*2:そしてHBase1.0も無事リリースされたようで,おめでとうございます.